横河電機健康保険組合

横河電機健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

被保険者・被扶養者調査

健康保険は、みなさんの健康を守る大切な医療制度です。病気やけがをしたときに、その医療費を私たちがもし全額負担しなければならないとなると、大変なことです。
また、健康保険では、被保険者(本人)だけでなく、被扶養者(家族)の方にも保険給付(医療費負担)や保健事業(人間ドック・健診など)を行っています。
よって、本来、被扶養者の要件に該当しない方を被扶養者としていることは、健保財政に大きな影響を与え、将来的には保険料の引き上げにもつながります。
このようなことから、被扶養者の削除の届出漏れや収入状況に変化がないかどうかの確認、また、健康保険の扶養の要件を再認識していただくことを目的とした「被保険者・被扶養者調査」を実施いたします。この調査は、厚生労働省の指導もあり、毎年実施いたします。

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されますが、毎年の調査で、就職等による被扶養者削除の届出漏れが多く判明していることを踏まえ、今年度についても調査を実施することといたしました。
しかしながら、公的機関での書類入手の際の感染リスクを減らすべく、毎年提出いただいている添付書類を免除するなど、調査内容を縮小し、実施いたします。あらかじめお知らせしておりましたけんぽだより(春号)の調査内容とは異なりますが、ご了承ください。

令和2年度は、下記の通り、調査を実施いたしますので、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

調査実施スケジュール

調査表配布:令和2年7月から約1ヶ月間
提出先、提出期限:各事業所(会社)ごとに異なります。 各事業所(会社)の担当者へお問い合わせ下さい。

調査対象者

令和2年6月30日時点の被保険者(任意継続被保険者は除く)の

  • 配偶者
  • 22歳(令和2年4月1日現在)以上、75歳(令和2年6月30日現在)未満の被扶養者

確認事項および調査内容

  • ①氏名・生年月日・現住所・電話番号などの確認
  • ②収入の確認
  • ③同居・別居の確認
  • ④別居家族への送金の確認

<削除日について>

  • 自営業者の収入確認は、前年の確定申告書・収支内訳書にて行っております。
    よって、審査の結果、不認定となった場合、被扶養者からはずれる日(削除日)は、確定申告にて申告した収入の年の翌年1月1日とします。
    今年度の場合は、令和元年の確定申告書にて審査を行いますので、不認定となった場合の削除日は『令和2年1月1日』となります。
  • 審査の結果、不認定(生計維持関係が認められない)となった場合、被扶養者からはずれる日(削除日)は、『令和2年12月1日』となります。
    ただし、被扶養者資格認定の要件が失われている事実を確認した場合、例えば収入要件を超える収入があったと確認した場合は、その事実が確認できる日にまで遡り、被扶養者からはずれていただきます。

添付書類

調査対象者全員の添付書類を免除とします。
ただし、審査において確認の必要があると判断した場合、添付書類(非課税証明書・住民票・各種収入証明・送金証明など)を求めることがあります。

  • 提出を求められた添付書類が期限までに提出されない場合、審査が出来ないため、被扶養者の資格を喪失することがあります。
  • 提出を求められた添付書類を入手する際の費用は、自己負担となります。ご了承ください。

注意事項

  • 調査表が期限までに提出されない場合、審査ができないため、被扶養者の資格を喪失することがあります。
  • みなさんから提出いただいた書類を順次審査いたしますが、2~3ヶ月の時間を要しますので、調査の問い合わせや追加で求める書類の連絡等は、調査表提出からお時間をいただきますことをあらかじめご了承ください。

問合せ先

<調査表の提出先、および提出期限について>

各事業所(会社)によって異なりますので、各事業所(会社)の担当者へお問い合わせ下さい。健保組合ではお答えできません。

<調査表の記載内容、および添付書類について>

各事業所(会社)の担当者、もしくは当健保組合までお問い合わせ下さい。
当健保組合担当
品田 外線)0422-52-5521 内線)31-34656

参考:調査に関する法・関連通達

  • ○健康保険法施行規則第38条(被扶養者の届出)
  • ○健康保険法施行規則第50条(被保険者証の検認又は更新)
  • ○健康保険法第197条(報告等)

ページ先頭へ戻る